家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> おはよう倫理塾

おはよう倫理塾


活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2017.9.10 おはよう倫理塾(清水会場)
レポート写真01 レポート写真02

9月10日、清水会場に只野京子講師をお迎えし、おはよう倫理塾が開催されました。参加者は27名でした。
はじめに土屋隆司さんが実践報告され、昨年百万人に一人の大病をされ、その大苦難からいただいた感謝の心について話されました。只野講師は、土屋さんの実践報告に、とてもユーモアのある元気な人だなと思いました。そして百万人に一人がかかる病気を克服して、生かされている命を大切にしてください。心配は毒ガスと言います。心配をとる方法として、@気付いたらすぐに実行する。A気付いた事を一貫して行う。と教えて頂きました。また、心当たりが有れば、自分を反省し、これからどうしていくか。一歩でも前へ進むこと。ご自身の交通事故のことを話され、血液が溜まった事から、我家のたまったものを少しづつ捨てる実践をされたことを報告されました。



2017.10.15 おはよう倫理塾(御器所会場)
レポート写真02 レポート写真03

10月15日、御器所会場に小林宜子講師をお迎えし、おはよう倫理塾が開催されました。参加者は26名でした。
はじめに渡邊眞理子さんがご主人の元会長渡邊龍美さんが胃癌の診断を受けてから1年半、抗癌剤治療は受けず、ご主人が信ずる民間療法で養生をして、今年6月に安らかな最期を迎えられるまでのご自身の実践を報告されました。
倫理研究所本部で生活倫理相談を受けて気づいた、@心配性を捨てて、主人の足を引っ張らないようにおおらかな心で見守っていくA決して主人のする事に批判、文句、考えを押しつけない。Bいつも明るく接する。その実践の中で、心配症も取れて行き、大自然にお任せの心境を掴むことができてきた気がすると報告されました。小林宜子講師は、ご主人の肉体はないが無き魂はそばにいる。生きておられるかのように連絡報告をする事と話されました。
また、自分の倫理との結びつきを話され、姑が先に学んでおり、私と兄嫁は入会をしないと約束を交わしていたが、兄嫁は他の人に誘われ入会し、夫との仲を改善をすることにより、弱かった子供達が元気になった。それを見て私も入会を決め、勉強するようになった。次の世代にもつなげたいと息子の嫁に勧め、嫁は子育てセミナーに学んで、現在子育て委員長をしています。今年も「つなぐ」をキーワードに次の世代にもつないでいってほしいと結ばれました。



2017.11.11 おはよう倫理塾(平針会場)
レポート写真04 レポート写真05

11月11日、平針会場に野村保江講師をお迎えし、おはよう倫理塾が開催されました。参加者は22名でした。
はじめに原田浩子さんが実践報告され、
11年前に交通事故に遭い、右足が不自由になったが、相手を恨んだり、憎んだりせず前向きに生きている。夫は亡くなったが、息子が後を継いでいる。今、会場の清掃の実践を毎日し、本年度促進長を受けたとの話をされました。野村講師は、栞が教科書であり、しっかり学んで行くようにと教えてくださいました。夫が単身赴任で、長男家族と同居しているが、嫁に注意したことで腹を立てさせてしまった。長男さんが「お母さんの話を聞きたい。食事を一緒にしようと言ってくれ、その時に注意してほしい。」と言われ、長男が「お母さんはうるさいけれど為になることばかりだよ。」と言ってくれた。投げかけられた事により、支えられていく事が家族を良くしていくことだ。マザーテレサの名言を引用され、恩を施して行くことを教えて頂いた。私たちは、色々恩を受けている。どんな人にも恩を送りましょうと結ばれました。



2017.11.25 おはよう倫理塾
レポート写真06 レポート写真07

11月25日レオパレス名古屋に生涯局徳江秀雄局長を迎え、おはよう倫理塾が開催されました。出席者は192名でした。
小原とみ子会長の挨拶の後、酒向美穂さんが実践報告されました。
子供が大好きで、子供を授かり幸せな毎日を送っていたが、成長するにつれて、いつしか悩みの尽きない日々になっていた。子育てセミナーで、子供のありのままの姿を受け入れしっかり甘えさせる事、そして順序の大切さ等を学び、最近は次男との接し方のなかで、妹が生まれてから特に幼稚園に行くのを嫌がるようになり困っていたが、幼稚園に行く時、「大丈夫だよ、お母さん迎えに行くからね」とギュッと抱きしめる実践、又、御主人を朝送り出す時、帰宅した時御主人の目を見てあいさつをし、色々会話をする実践を続けていたら、次男も喜んで幼稚園に行くようになり、御主人が変わってきた事、子育てセミナーの学びを通じ三人の子供を落ち着いて育てる事が出来る様になった喜びの報告をされました。
徳江局長は親子の絆の大切さ、特に幼児期においては母親との関係が深いことを、事例をあげて説明されました。幼児能力研究所の研究によれば、5才児まではしっかり抱きしめよ、どんなに叱った後でも7秒間しっかり抱きしめる事により子供は安心し、健康に育つことを紹介下さいました。また、夫婦、親子は見えない所で互いにつながっている。まず、自分が変わることが大切であることを夫婦の例をあげ、わかりやすくお話いただきました。



2017.11.27 おはよう倫理塾(中島会場)
レポート写真08

11月27日、中島会場に生涯局加井幹人研究員をお迎えし、おはよう倫理塾が開催されました。参加者は22名でした。
はじめに西住朝次さんが実践報告され、文章を書くのに苦労され起承転結で文章を書くことを学んだ。今娘さんが子育て委員長をしており、子供が小さいなか一生懸命している。私の孫は男ばかりであったので、女の子を生んでくれて初めてかわいいと思うようになったとの報告をされました。
加井研究員は、起承転結が大切。伝えたいことがあっても回りくどかったりする。一度原稿を改めて読んで相手に伝わるかどうか考える事が大切と話されました。また、この9月より回り始めており、初めてであるので、自己紹介をされ、「本を忘れず」のことを講話されました。本とは初心、恩、命のもとであり、一日通信の実践を通じ、素直に両親への感謝の思いが思い浮かぶようになった。ある時、家族から寄せ書きが来て、素直に物が言えなかった父が自分のことを気にかけていたことを知り、両親と繋がっていることを感じたとの話をされました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.