家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> おはよう倫理塾

おはよう倫理塾


活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |21
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2017.3.19 おはよう倫理塾(6会場合同)
レポート写真01

3月19日、家庭倫理の会名古屋市事務所に普及開発部泉憲治主任を迎え、合同おはよう倫理塾が開催されました。小原とみ子会長の挨拶の後、当日の家庭倫理講演会の実践報告者である小原繁巳さんが心を込めて実践報告をさせていただきますと誓われました。続いて、泉主任が「つなぐ」をテーマに今年は、ヨコのつながり、タテのつながりについて色々ユニークな行事も計画、進行中であるとの紹介がありました。
@ シニア弁論大会の開催・・・沖縄の事例、出場資格 男性75歳以上 女性80歳以上 審査員は小学生
80歳で初めて倫理と出会い生き生きと暮らして見える97歳の女性の話が紹介されました。
A 福岡で南北弁論大会の開催・・・ 弁士は青年、子育て世代、ミドル、シニア、シルバーの対抗戦。
B 全国子育てプロジェクトリーダーのすばらしい体験談、活躍などが紹介されました。
泉主任より事例を紹介いただき、栞の条文にそって大変わかりやすく教えていただき、講演会で、スタッフは殆んどお話を聞く事ができないので、出席者一同、満足感で一杯でした。夫婦愛和の大切さについて・・・子や孫をより良くしたいなら、いい夫婦関係が大切である。小我を離れ大我に生きることが大切である。何事も人のために喜ばれることが大切と結ばれました。出席者は69名でした。



2017.4.8 おはよう倫理塾(中島会場)
レポート写真02

4月8日、望月かよ子講師をお迎えしておはよう倫理塾が中島会場(春日神社社務所)で開催されました。雨天の為出足は好調とは言えなくて、出席者は22名でした。朝日祐美子さんの実践報告から始まりました。「入会は大学生の頃ですが、おはよう倫理塾にはなかなか出席することが困難でした。今年度から会の副事務長を拝命し何を実践したらよいか考えました。第1の実践として『おはよう倫理塾に毎日通う』こと。その中で、万人幸福の栞の1条1条の内容をしっかり学びたいと強く思いました。そして苦難に出会った時、栞に沿って解決していけるよう、まずここから始めたいと今実践に取り組んでいます。」という報告でした。
望月講師から、明朗な心とは、表面的な明るさより、心のうちにこだわりやとらわれることのない明るさである。息子さんご夫婦と同居され、特に嫁姑がうまくいっている例として「先手の挨拶」により嫁さんからいろいろ話してこられ「嫁姑の中が良くなる」秘訣をお話していただきました。明るくすることが、すべての「根っこ」であると聞き、「私も今日から明るく生き抜こう」と決意を固めて帰途につく皆さんの足どりはとても軽やかでした。



2017.4.16 おはよう倫理塾(6会場合同)
レポート写真03 レポート写真04

4月16日ホテルレオパレス名古屋に研修部、山下幸平研究員を迎え、おはよう倫理塾が開催されました。小原とみ子会長の挨拶の後、梶山陽子さんが実践報告され、いかにご主人に合わせていなかったかを日常生活の何気ない夫婦の会話から、実例をあげてお話しされました。ご主人から「陽子でなく、ああ言えばこう言う、こう言えばああ言うああ子さんか」と言われ、いつも、ご主人が折れて自分に合わせ、いつの間にか不機嫌にさせていた事に気づき、「はい」「それがいいわね」と笑顔で言える妻になりきる実践をする決意を発表されました。
講師は相手の心に合わせていく事の大切さをご自分の体験、家族関係等も交え、とてもわかりやすくお話下さいました。人生の悩みの90%は人間関係であり苦手な人、嫌いな人がいる時「いやだなあ」の背景を考えてみる。出掛ける前に「私はあの人が好きだ」と心に決めて会いに行く。そうすると和やかに話が出来、相手の良い点が目につくようになり相手の人を好きになった実例を紹介されました。つらい、苦しい時、自分が実践することによって、家族が幸せになっていく。栞第15条に「信は動いて愛となる。」と書かれている。愛のもとは相手を信ずることであるとのお話をされました。参加者は103名でした。



2017.5.14 おはよう倫理塾(6会場合同)
レポート写真05 レポート写真06

5月14日(日)金山ゼミナールプラザに松本光司主任と寺嶋朗圭研究員を迎え、おはよう倫理塾が開催されました。小原とみ子会長の挨拶の後、寺嶋研究員が実践報告され、幼少の頃両親が離婚、貧しい中で憧れていたマイホームを手に入れたのも束の間、祖母の莫大な借金が判明、家を売却しても払いきれない大苦難に陥ったが、そこで生活倫理相談をうけ、一つ一つ実践する中で父親と再会でき父の深い愛情に繋がった時、状況が好転し奇跡的な解決をした喜びの報告をされました。参加した多くの皆さんが、寺嶋研究員の実践報告に感動し、涙されていました。
続いて松本主任から苦難の捉え方・付き合い方を力強くユーモアを交え教えて頂きました。
@ 逃げる・・・一番悪い付き合い方 A 戦う・・・@よりは良いが何度も起こってくる。B 仲良くする・・・できれば大親友となると色々なことを教えてくれる。教えられた事は即行が大切です。希望は心の太陽、希望を持てば状況は必ず変わってくると結ばれました。皆さんそれぞれに思うところがあり、実のある一朝となりました。出席者は113名でした。



2017.5.19 おはよう倫理塾(平針会場)
レポート写真07

5月19日(金) 家庭倫理の会名古屋市おはよう倫理塾平針会場に宇野晋平研究員を迎え、おはよう倫理塾を開催しました。
この日は、今年の青年沙漠緑化隊に参加した、大喜多秀飛さん、大喜多里映さんが出席され、初めての海外旅行が中国であった事、その中国の印象を里映さんが、秀飛さんは、仲間づくり、友達づくりの目的をしっかり持って参加したこと。費用は自分でバイトして用意したが、たくさんの補助をして頂き、皆さんのお蔭で行く事ができたと、感謝の報告をされました。今後、ますます、期待されるお二人です。



2017.5.20 おはよう倫理塾(6会場合同)
レポート写真08

5月20日(日)家庭倫理の会名古屋市平針会場に「新世」の編集部の方を迎え、おはよう倫理塾が開催されました。出席者は61名でした。
小原とみ子会長の挨拶の後、支部長4名が実践報告。最初に北支部の今飯田常子支部長が悩み苦しんでいた時、おはよう倫理塾の会場を知りひたすら皆勤を続けた事、新世100冊頒布をスタートし3年目を迎えている現在、家の環境、息子の生活にも明るさが出てきた喜びの報告をされました。続いて東支部の伊藤嘉子支部長は、息子さんが中学時代サッカー部で活躍されていた頃、倫理を普及させた事。また長年付き合いのある先生をこの度、富士研での生活倫理セミナーにお誘い出来た喜びの報告をされました。続いて天白支部の松川和子支部長は息子さんが小学生の時突発性難聴にかかり真剣に倫理を勉強するようになり、家族に平和が訪れている事、現在、普及に全力で取り組んでいる事を報告されました。最後に中川支部の黒野波子支部長が数日前のこと、孫娘が2階にいる事も知らず、台所のガスをつけたままである事も忘れ、鍵をかけ純粋倫理基礎講座に出かけ、帰宅するとお鍋は真っ黒。すでに孫娘が煙に気づき、消してくれて難を逃れる事ができた。何より、孫娘の無事に感謝をし、ご先祖に守られている事を痛感されたとの報告をされました。
中日支所当時より使われている会場で、写真撮影の為の合同のおはよう倫理塾でしたが、4名の支部長さんの力の入った実践報告に、皆さん聞き入っておられました。
その後、平岩かおる講師が家族のつながりについて講話されました。最後に子供3名のリードで誓いの言葉を唱和し終了。その後出席者全員思いっきりの笑顔で記念撮影しました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.