家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> おはよう倫理塾

おはよう倫理塾


活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2016.9.22 おはよう倫理塾(6会場合同)
レポート写真01

 9月22日ホテルレオパレス名古屋に内田靖士研究員をお迎えし、合同おはよう倫理塾が開催されました。17カ条斉唱や輪読では、小学校1年生たちの元気な声で始まりました。内田研究員は実践報告者の発表をうけ親子の繋がりの深さについて話されました。
 目に見えない実践が目に見えない存在を動かす話として先輩の方に素晴らしいロマンスが生まれた話などその他目に見えない力の大切さを教えて頂きました。内田研究員の熱気あふれるお話に会場は明るい雰囲気に包まれました。参加者は129名でした。



2016.10.16 おはよう倫理塾(6会場合同)
レポート写真02

 10月16日(日)野村保江講師をホテルレオパレス名古屋に迎え、合同おはよう倫理塾が開催されました。最初に東支部の伊藤嘉子さんが実践報告を発表され、それを受けて野村講師が次のような話をされました。まずご自身の自己紹介で、自宅の2Fに長男夫婦とお孫さんが住み、1Fに講師夫妻が住んでいらっしゃるという状況の中で、ご主人が仕事の関係で海外出張で家をあけることが多い中で、ともすればぎくしゃくしがちな嫁姑関係をいかに円満に保っておられるか例をあげてお話されました。
 また、信頼=人を信ずること、信念=己を信ずることである。この関係を実践していく事により心の器が広がり、人間関係もスムーズに広がっていく事を話されました。
 信は動いて愛となり、愛の本質は信となる。そして子を信じることの大切さ、どこまでも信ずることの大切さを教えていただきました。信念を強く持ってプラス思考ですすむとき、思わぬプレゼントがついてくる。そしてすべて受けきる事の大切さを強調されました。出席者は114名でした。



2016.11.13 おはよう倫理塾(6会場合同)
レポート写真03
レポート写真03

 11月13日ホテルレオパレス名古屋に研修部松枝秀雄特別研究員をお迎えし、合同おはよう倫理塾が開催されました。参加者は115名でした。小原とみ子会長が、今日は松枝特別研究員にお祝いの意味を込め机上にお花を飾らせて頂きましたとの挨拶がありました。次に、澤田知恵さんが実践報告にたち、
「生家の母には、子供の頃から手を焼かせ親不幸な娘でしたが、母が90才を過ぎ、病気になった時、在宅での看護を決意し最後まで看取り、真に親の子にならせて頂く事ができた喜びの報告」をされました。
 松枝秀雄特別研究員の講話では最近のご自身の結婚にまつわる体験を楽しく語られ、なかなか受け入れることが出来ない事も「ハイ」と受けきる時に受けきった状況が生まれてくる心の世界の素晴らしさを教えていただきました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.