家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |565554535251
50494847464544434241
40393837363534333231
30292827262524232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2019.5.11 地域清掃

レポート写真01

5月11日、熱田神宮境内にて地域清掃が行われました。参加者は46名。浜田悦子会長挨拶の後、清掃の心得を斉唱した。
今回の清掃場所は東参道、落ち葉も沢山ありましたが皆さんで一生懸命清掃とてもきれいになりました。
終了後、令和元年最初の清掃に参加された感動の感想を発表されました。



2019.5.11 純粋倫理基礎講座

レポート写真02

5月11日昭和生涯学習センターに市原みや子講師を迎え、純粋倫理基礎講座第17講が開催された。出席者は60名。テーマは「実践の心得−基本十ヵ条」。
会長挨拶の後、奥野照代さんと坂野ふみ子さんが実践報告、前回の第16講を受け傾聴の大切さを覚り実践をされたこと、またご主人の話にも心から耳を傾ける事の出来た喜びの報告をされた。
続いて市原講師が講話、「実践の心得−基本十ヵ条」について@即行−気づいたらすぐに行うA純粋−済んだ心で事にあたるB直行−まっすぐに行うCクヨクヨしない−結果に捉われないD張りつめた心−緊張E途中できを抜かない−一気呵成F貫徹−押し通すGうまずたゆまず−反復不退H悲しみも喜びもほどほどに−不悲不喜Iきちんとした後始末−慎終と以上の十項目について一つ一つ丁寧に解説された後、ご自分の体験を色々紹介して頂き大変よい勉強になりました。



2019.5.12 みんなの倫理塾

レポート写真03

5月12日会事務所において市原みやこ講師を迎え、「親子の関係」をテーマとして、みんなの倫理塾が開催された。出席者は33名でした。
市原講師は「私と親・子と子供、みんなつながっている」と副題をつけられ、結婚をした夫婦に新しい命の誕生、生まれた子供は、親自身の命の延長としてその遺伝子を受け継ぎ、祖先より、バトンリレーを継承していくのです。生まれた子供は、「授かりもの」であると共に「預かり物」、子供は「わがもの」ではない、親の思いどおりにするのは間違い、子供は愛情の相手、子供は「和楽の中心」、子は親の心の鏡である。「親の倫理」のポイントは@親になる前に親の子となる事A妻の夫となり、夫の妻となるB子の正しい親となることなど教えて頂いた。講話の後活発に質疑がおこなわれた。



2019.5.15 シニアの集い

レポート写真04

5月15日会事務所においてシニアの集いが開催された。出席者は22名でした。
今回は寄せ植えをするということで、あらかじめ花苗が用意され、各人が苗のポットを2種類取り鉢に寄せ植えしました。平岩かおる参事から、苗の選び方や鉢に植え替え方、及び調整の仕方など学んだ。



2019.5.19 愛知県シニアスピーチ

レポート写真05

5月19日刈谷市総合文化センター小ホールにおいて愛知県シニアスピーチが開催された。全体の出席者は244名でした。なお、家庭倫理の会名古屋市からの出席者は54名でした。
名古屋市丸子貞子さん、一宮市服部敦子さん、三河森田哲夫、豊橋市伊藤淳恵さん、春日井市長谷川洋二さんがスピーチされ、年齢を感じさせない元気に活動される話を聞き、感動でした。その後、余興ということで御歌朗詠、歌の独唱があり、名古屋市は「この道」と「夏の思い出」をコーラスした。最後に、生涯局澤谷直行主任から講評をいただいた。



2019.5.26 郷土美化合同奉仕活動

レポート写真06

5月26日第111回郷土美化合同奉仕活動に久しぶりに家庭倫理の会名古屋市は参加しました。参加者は24名でした。いつもの久屋公園が工事中で、今回は名城公園北園を清掃することになりました。担当区域は野球場東側でした。新緑の中、気持ち良く、落ち葉を一生懸命掃きとらせていただきました。



2019.6.1−2 富士研生活倫理セミナー

レポート写真07
レポート写真08

6月1〜2日1泊2日で、富士研に25名で参加。うちセミナー初参加者6名。富士山も朝日に映えてすばらしかった。テーマは「丸山竹秋会長歿後20周年」。
初参加者から感想文を頂いた。
知念さん;御殿場に近づくにつれて、だんだん大きくなっていく車窓からの富士山に、27年前子供達と参加した親子自然教室のことが思い出され、胸が熱くなりました。新しい建物に寂しさを覚えましたが、丸山竹秋会長の足跡をたどる映像の中で初代の富士研の建物が出てきて27年前のことが一気によみがえりました。特に、わずか30歳の若さで理事長に就任した竹秋会長の苦悩や奮闘の記録には心を打たれました。ワクワク感一杯で始まりましたが、受講を終えて、身の引き締まる思いです。此の感動を原動力に足下の実践に邁進します。
平松知樹さん;私はこれまで、両親の影響でなんとなく倫理に触れ合っていたものの、きちんと向き合ったことはなく、生活倫理セミナーへの参加は初めてでした。生活倫理セミナーの会場となった富士研は澄んだ空気、美しい自然に囲まれた木の温もりを大いに感じられる建築物で、その場にいるだけでも心が浄化される気持ちになりました。今回は丸山竹秋会長歿後20年ということもあり、普段では知ることのできない竹秋会長のこれまでの生い立ちや功績も知る事ができました。私事を申しますと「苦難との向き合い方」を改めて学ぶことができ、前へ進む原動力となりました。



2019.6.19 シニアの集い

レポート写真09

6月19日会事務所においてシニアの集いが開催された。出席者は18名でした。
今回は絵手紙を作成をするということで、それぞれ用意された花や野菜などを見て作成した。初めての人がほとんどで、平岩参事から修正をしていただき、なんとか完成しました。作品を各自1枚づつ展示をし鑑賞しました。



2019.6.23 名古屋市だより第40号の発行

レポート写真10
画像をクリックすると   
PDFファイルが開きます  

「家庭倫理の会名古屋市だより」第40号を発行しました。
5月6日開催の「子供倫理塾(いちご狩り)」、
5月11日開催の「純粋倫理基礎講座」
5月16日開催の「東海筆ごもり」
5月19日開催の「シニアスピーチ」
の様子を掲載しています。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.