家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |40393837363534333231
30292827262524232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2016.9.11 地域清掃及び子供倫理塾

レポート写真01

レポート写真02

早朝6時30分より熱田神宮の東参道を中心に清掃させて頂きました。天候も曇りで秋の気配が感じられる中で、気持ち良く清掃出来ました。清掃の後、子供達が元気よく5アクトを行い、和やかな雰囲気になりました。参加者は子供5名を含め52名と大盛況でした。



2016.9.18 愛知県家庭倫理の会辞令交付式

レポート写真03

レポート写真04

レポート写真05

9月18日(日)「愛知県家庭倫理の会辞令交付式」が名古屋会議室プライムセントラルタワー13階で開催されました。
愛知県の5つの家庭倫理の会役職者約250名が一堂に集まり、子育て正副委員長、子育て委員の方は小さい子供さんと一緒に参加、後方で辞令交付式に臨んで頂きました。
最初に、第1部として相馬紀子監事より、副参事表彰状が、大橋ヤス子副参事に贈呈され、続いて、名古屋市を先頭に一宮市、三河、豊橋市、春日井市の順で、各会の辞令交付、最後に秋津書道講師・しきなみ短歌講師の辞令交付が厳かに行われました。そして、相馬紀子監事より激励の言葉をいただきました。
次に、第2部として、「平成29年度生涯局活動方針」について普及開発部松本光司主任より「さらなる“新”に挑む。『つなぐ』がキーワード」と説明がありました。役職者一同、気持ちを引き締め、邁進する決意を固めました。



2016.9.25 名古屋市だより新年号の発行

レポート写真06
画像をクリックすると   
PDFファイルが開きます  

「家庭倫理の会名古屋市だより」新年号を発行しました。

9月18日に開催された「平成29年度辞令交付式」、
8月27日に開催の「会員感謝の会」、
8月28日に開催の「子供倫理塾」
9月11日に実施された「地域清掃」
の様子を掲載しています。

「家庭倫理の会名古屋市」の活動の一端を知っていただき、ご賛同いただければ幸いに思います。



2016.9.21 純粋倫理基礎講座@

レポート写真07

 9月21日愛知県倫理法人会会議室において内田靖士研究員を講師として、お迎えし、純粋倫理基礎講座第1講が開かれました。28年度で純粋倫理基礎講座は18講で終了、新たなスタートとなりました。冒頭1000冊頒布の実践報告の発表が有り、それを受けて、別の事例を教えていただき、目標を立てて実践することによって、多くの喜びの体験につながる事を教えていただきました。第1講のテーマは「丸山敏雄の生涯」です。
 明治25年5月5日に生誕され昭和26年12月14日に亡くなられるまでの生涯について教えていただきました。獄中生活などの苦難を通して純粋倫理を確立されるまでの経緯が勉強できました。家庭倫理の会のミッションは健全な家庭づくりを推し進めることであり、さらに人に勧めることであると学ばせて頂きました。 参加者は64名でした。



2016.9.25 事業報告会

レポート写真08

 9月25日事務所で事業報告会が開催された。平成28年度の事業報告及び収支報告の後、平成29年度の活動方針が示された。目標を明確に持ち、それを書類として残そうと「平成29年度家庭倫理の会名古屋市活動方針書」を初めて作成し、年間行事計画、普及目標について会長から、委員会活動方針について各委員長から、支部活動については各支部長から発表が有り、収支予算が事務長から報告された。最後に出席者全員で家庭倫理の会名古屋市の普及スローガン「みんなで 仲良く 明るく 元気に声をかけよう」を大声で唱和し、今後の活躍を誓いあった。参加者は 役職者39名でした。



2016.10.15 全国一斉清掃

レポート写真09

 10月15日(土)早朝7時より金山駅南口周辺を中心に清掃を行いました。最初に清掃の心得を唱和し、主に駅前や周辺の橋の上から歩道橋にかけての掃き掃除や草とりを中心に行いました。また、側道の金枠を外し中のゴミを拾うなど丁寧に清掃しました。天候にも恵まれさわやかな秋空の下、気持ち良く清掃出来ました。参加者は42名で、全部で10袋のゴミが集まりました。



2016.10.16 講話研修

レポート写真10

 10月16日(日)10時から名古屋市の事務所で講話研修が開催された。
会3役、生活倫理相談士、オブザーバーとして支部長、促進長の19名が出席した。
 野村保江講師のもと講話の流れや留意事項、実践報告と講話の違いなど、そして、講話は真心を精一杯伝えることと学ばせていただきました。
 その後、3グループに分かれ「標語カレンダー」を使って実習をし、最後に3人の代表者によって発表がありました。その中の今期より初めて三役になり、講話が何より苦手と言ってみえたお二人が、前に立ち、朝日裕美子副事務長は今実践している「ありがとう」をたえず言葉にする事から得た体験を基に、また、高山規湖副推進長は、介護をしているお母さんが、何かにつけて「ありがとう」を言われる事から学んだ事を講話として、立派にお話をされました。
 まとめとして野村保江講師から「自分が実践して、こう変わった、また、人の体験を入れながら倫理を説いていく。自信を持って謙虚に」と教えていただき、参加者一同学んだ事を講話にいかしていこうと誓いあった。





Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.