家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |37363534333231
30292827262524232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2016.3.5  会員研修

レポート写真01

3月5日、会事務所に内田靖士研究員をお迎えし、会員研修を開催しました。
まず方針書の確認をしました。今年度ミッションという言葉が使われています。
丸山理事長の言われる倫理研究所のミッションは、「純粋倫理を世の常識にする」です。
また、徳江局長の言われる「家庭倫理の会」のミッションは「健全な家庭づくりを推し進める」です。
この場(倫理の活動の場)は練習であり、本番は家庭です。個人としてやってほしいのは、純粋倫理を家の中の常識にしてほしい。それには@家庭の中で実践することA家族に倫理を伝えることです。
家族が活動してくれるのが第一です。倫理は川の流れをきれいにする学びです。それにより子々孫々守られていきます。
出席者は講師含め53名でした。



2016.3.12  地域清掃

レポート写真02

3月12日、早朝6時半。
冬が戻ってきたような、寒い朝でしたが、熱田神宮に集合し、東参道を中心に清掃させていただきました。
朝日を浴びて、気持ちよく清掃させていただきました。
参加者は21名でした。



2016.3.12  決起大会

レポート写真03
レポート写真04

3月12日11時に会事務所にて家庭倫理講演会(5月3日)の成功に向けての決起大会を開催しました。
吉澤綾告子講師にも出席いただき、激励の言葉をいただきました。目の前の食事には会長の願いが込められている、この料理を一口でも食べた人は新しい人に声をかけてほしい。話の中で「決起する」の意味は「己が走ると決める」ことです。と話されました。
最初に、会三役の決意発表が行われ、会長は「100名に向かって走ります。」と決意されました。
つづいて会役員の決意発表が行われ、また、各支部の三役が前に出て、決意発表をしました。

各支部持ち寄りで、おいしい料理がいっぱい机に並べられ、お酒も入り舌鼓を打ちながら、各支部が演ずる余興を楽しみました。
狭い会議室の中に約90名が入り、喧騒の中、お互いの士気を高め合うことが出来ました。
写真はほぼ全員が、玄関前に出て記念撮影をしたものです。



2016.3.20  純粋倫理基礎講座O

レポート写真05

3月20日倫理法人会会議室において、中川ヤスエ講師による純粋倫理基礎講座Oが開かれました。
今回のテーマは「真っ直ぐに生きる」−希望をかかげ、人生を切り拓く−です。
講師は資料をいっぱい準備されてホワイトボードに貼り詳細に説明されました。
先の見えない世の中にあって、自らの人生を如何に切り拓いていくか。己の心が変わったとき、環境が変わっていく。
「希望を掲げる」は栞14条、アウシュビッツから奇跡の生還をした話をされました。「運命を切り拓く」は栞3条、運命を切り開くには@万象肯定A人は自分のなりたい人になれるB努力がすべて・・・です。
今日の出席者は69名でした。



2016.4.9  地域清掃

レポート写真06

4月9日、早朝6時半。
今回は東参道を中心に清掃させていただきました。小寒い曇天の朝です、季節の変わり目で大量の落ち葉がありました。一生懸命時間いっぱい清掃して身体も温まりました。
2人の飛入りがあり、合計34名の参加でした。



2016.4.9  全役職者研修

レポート写真07

4月9日(土)吉澤綾告子講師を招き、全役職者研修が開催されました。5月3日の家庭倫理講演会が身近に迫っていることもあり、講演会に向けての研修として、講演会の目的、心得等について学びました。
1.家庭倫理講演会 開催の目的
@人としての生き方の規範を明らかにし、和やかな家庭のあり方を示す。
Aよき伝統文化を見直し、住みよい地域づくりに貢献する。
B日本をよくする倫理運動への参加を呼びかける。
2.家庭倫理講演会 実行委員心得
講演会はマニュアル通りに進めても、常に同じ結果とはなりません。そこに関わる全ての人々の心づかいや息づかいが相互に作用して、講演会が創り上げらけていくからです。3つの「実行委員心得」を以下に示します。
@私たちは、講演会の目的を自覚し、笑顔で券頒布に努めます。
A私たちは、言葉と態度をさわやかに、互いに仲良く行動いたします。
B私たちは、与えられた役割こそ最高のものと受け止め、喜んで進んで取り組みます。
参加者は講師を含め45名でした。



2016.4.10  シルバーセミナー

レポート写真08

平成28年度第2回シルバーセミナーが吉澤綾告子講師をお迎えして会事務所にて開催されました。今回は「元気で長寿」をテーマとして
日頃からどんな生活の心がけが大切か教えていただきました。
1 心身相関
 @健全な精神は健全な肉体に宿る
 A病気は生活の赤信号
 B心が先行する
2 3つの気で長生きしよう!
 @精気 自然のエネルギー:森林浴が良い(木に話しかける)
 A穀気 食べ物のエネルギー:和食が良い、よく噛むこと
 B神気 神様のエネルギー:親、祖先に感謝
3 免疫力を高めよう!
 @体を冷やさずに温めよう
 A感謝・感動の生活を!
4 毎日の生活のなかで・・・
 @1日に1回・・・褒める生活をする
 A1日に10回・・・声を出して笑う
 B1日に100回・・・深呼吸をする
 C1日に1000回・・・文字を書く
 D1日に10000回・・・10000歩歩く
その他、健康で生き生き長生きするための心構えを教えていただきました。最後に参加者全員が自己紹介を行い楽しいひと時をすごしました。
出席者は講師を含め36名でした。





Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.