家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |30292827262524232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2015.1.10  おみくじ取り・お神楽奉納・御垣内参拝

レポート写真01

1月10日日曜日7時半に熱田神宮に有志が集合し、おみくじ取りを行いました。今年は、神楽殿の前と本殿の前を中心にとりました。思ったより多くあり、布バケツ10杯分のおみくじが集まりました。
おみくじ取りの後、8時半よりお神楽奉納し「教育創生フォーラムの成功と会員の安寧」について祈念させていただきました。その後、御垣内参拝に参列しました。参加者は96名でした。



2015.1.17  教育創生フォーラムin愛知 祈誓式・役員研修

レポート写真02

4月26日に開催予定の「教育創生フォーラムin愛知」のちらしとチケットを前にして、実行委員会メンバー及び会役員により行事の成功を祈誓させていただきました。
その後、相馬紀子監事による役職者研修が行われました。
監事が山形県に家庭倫理の会を立ち上げた時の話を紹介されました。一生懸命やっていると、多くの助けの手が入り、一年で支舎になり、実践部になり、どんどん増えていき、一番遅くにスタートした山形県が東北地方で一番早くに家庭倫理の会に名乗りを上げることが出来ました。
こうするぞ!と思う人と思わない人と違ってくる。まず、正確なビジョンを持つ。ミッションを持つ。アクションを起こす。それにはパッションが必要です。4つの「ション」を持ってくださいと話されました。



2015.1.18  合同おはよう倫理塾

レポート写真03

早朝5時半、IMYビルに相馬紀子監事をお迎えして、6会場合同の「おはよう倫理塾」が開催されました。162名の出席、大入り満員状態です。
橋田壽賀子の「ひらり」のドラマでの話です。
「出し惜しみしたらダメ」というところがあります。
「後で!」と言っていると本当に後がありません。
機内での会話を紹介されました。「家内が日本に帰りたいと言っていた。定年後と言っていたら、妻は交通事故で亡くなってしまった。」
吉田松陰の話もされました。門下生の中に3人の少年が影響を受けなかった。感動する素質がないとどんな素晴らしい指導者の下でも影響を受けない。ということが分かった。
状況の中で精一杯生きること、これが感動して生きるということです。



2015.2.8  地域清掃奉仕活動

レポート写真04

2月8日日曜日の朝6時半、まだ薄暗い中、また小雨の降る中、熱田神宮に有志が集い清掃奉仕を行いました。今回は、西側の外周を中心に清掃させていただきました。
参加者は31名(内子ども1名)でした。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.