家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |292827262524232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2014.11.1  喜惣治会場出発式

レポート写真01

6月より清水会場から喜惣治会場にテストケースとして分封し、「おはよう倫理塾」を開いてきました。毎日10名以上の出席実績により、11月1日正式に「喜惣治会場」として認められ出発することが出来ました。
当日は栞15条を輪読した後、今飯田常子支部長が中心となり出発式を挙行しました。
大人13名、子供3名の合計16名が参加。
今飯田支部長の挨拶の後、一人ずつが歓びと感謝の言葉を発表しました。
○会場が近くなり自転車でも通いやすくなったことに感謝。
○Mさんの尽力により明るくてきれいな公共の会場が借りられたことに感謝。
○決意:これからは地域に密着し、地道にしっかりと足を踏みしめた活動を全員で頑張ることを決意する。



2014.11.9  地域清掃奉仕活動

レポート写真02

熱田神宮に早朝6時半に集合し、清掃しました。
少し薄暗い、今にも雨の降りそうな天候の中での清掃です。
今回は、東参道と旧参道を中心に、落ち葉を集め、屋台の周りも綺麗に清掃させていただきました。
参加者は35名でした。



2014.11.23  郷土美化合同奉仕活動

レポート写真03

11月23日9時より中部善意銀行主催の清掃ボランティア(郷土美化合同奉仕活動)に参加しました。
晴天に恵まれ、約1時間、久屋大通公園の落葉の山に汗を流しました。
参加者は13名でした。



2014.12.10〜13  チャリティバザー

レポート写真04

12月10日〜13日の4日間、第19回中部善意銀行主催の「年末たすけあい 愛のチャリティバザー」に参加しました。
初日は取材もありごった返しの大盛況でした。
家庭倫理の会名古屋市は第一回から参加しております。今回も4日間で30名以上のお手伝いをさせていただきました。収益は名古屋市のすべての施設に分配されるとのことであり、大変意義のあるバザーだと思っております。
今後も続けて参加していこうと思います。



2014.12.14  地域清掃奉仕活動

レポート写真05

早朝6時半、まだ薄暗く、2度という寒々とした天候の中にも拘わらず、元気よく清掃しました。熱田神宮の東参道と旧参道を中心に清掃しました。
写真は、清掃前に全員で「清掃の心得」を唱和している所です。
今回の参加は41名、内子供1名でした。



2014.12.21  名古屋市だより冬号発行

レポート写真06
画像をクリックすると   
PDFファイルが開きます  

「家庭倫理の会名古屋市だより」冬号を発行しました。

11月1日の喜惣治会場の発足式、
大野ヒサ子選抜参事の子育てセミナーと
川封x子選抜参事の孫育てセミナー、
子ども倫理塾でのリース作り、
毎年恒例の中部善意銀行のチャリティバザー、
同中部善意銀行の郷土美化合同奉仕活動
についての記事が掲載されています。

「家庭倫理の会名古屋市」の活動の一端を知っていただき、ご賛同いただければ幸いに思います。



2014.12.22  純粋倫理基礎講座

レポート写真07

IMYビルに 鶴川文子講師をお迎えして純粋倫理基礎講座Gが行われ、「丸山敏雄先生の願い」をテーマで以下の勉強をしました。
1.月刊誌発刊の決意
純粋倫理を世に広く知らしめる手段として『新世』を発刊した。最初は5000部を発刊しました。
2.街頭頒布を始める
最初は、旗のぼりを立て、その下で演説をした。
3.街頭頒布に変わる、新たな方法として
駅での頒布ができなくなり、戸別訪問による頒布に変更した。大事なことは、己を無にして人を誘うことです。
4.丸山敏雄先生の「宣」
丸山敏雄先生は亡くなる2ヶ月前、以下の「宣」を決意した。
 一、我萬人のしもべとならむ
 一、我萬物の友とならむ
 一、我萬象の讃嘆者とならむ
これは、明朗、愛和、喜働と同じで、倫理の根幹です。



2014.12.23  合同おはよう倫理塾

レポート写真08

鶴川文子講師を事務所にお迎えして、合同おはよう倫理塾が開催され、「人は変われる」という話をされました。
脳梗塞で交通事故の相談で、身体が不自由、子供たちが寄り付かない、人生に生きがいが見つけられない、という相談者の訴えに対し、「あなたのお顔に化粧をしてもいいですか?」と聞き、化粧をしました。これは直感です。その人が変わるのに3分もかかりませんでした。
皆さんは変われないの!自分でブレーキをかけているから。理屈を言っているからブレーキを外せない。すべて自分のせいですよ!足が不自由でも、手が動く、眼も見えるし、耳も聞こえる、そちら側の感謝はどうなっていますか。自分でどう生きればいいのか考えていくのが人間ですよ。との話で、その方がすっきりされ、入ってきたときとは別人となって出て行かれました。また、自分の爪がはがれた時の話もされました。倫理の教えがいろいろあり、素晴らしい話ばかりでした。
出席者は講師含め84名でした。



2014.12.23  サファイアセミナー

レポート写真09

12月23日(祝)10:30〜家庭倫理の会名古屋市事務所にて、『これからの生き方』をテーマに参加対象70歳以上に限定したセミナーを開催しました。
日本が高齢化社会に向かっている中、家庭倫理の会名古屋市には「おはよう倫理塾」を始め倫理運動に熱心に参加し、世の為人の為と元気に動かれるご高齢の方が大勢います。
そんな方々対象に、鶴川文子講師がご自身の看取りの体験を語りながら講話をされました。
身近な二人のお年寄りの生活を例にあげ、これからは、『年だから』『なんで』『だって』『しょうがない』の言葉をやめ、感謝の言葉で心境を高めて行きましょうと話しました。
次に、『気と骨』のDVDを写し、人生の達人のみごとな生き方を紹介されました。
最後に、参加者ペアーになり老後のジャンケン体操をしました。皆大笑いし、体を動かすことで全身が活性化して、大変楽しいセミナーとなりました。



2014.12.23  婚活セミナー

12月23日14:00〜16:00名古屋IMYビルにて『貴方のパートナー探しませんか?!』との呼びかけで、婚活セミナーを開催しました。
今、日本の大問題と言われている少子高齢化に、微力ながら貢献しようと、未婚の男女に出会いの場を提供しました。当日は年齢は20歳から40歳以上とバラエティーに富んでいて、男性6名、女性8名の参加でした。
まず、鶴川文子講師が、「結婚は人生にとって大事なことです。」と純粋倫理ならではの結婚の意義を参加者に話し、続いてケーキとコーヒーをいただきながら、初めて出あった男女でも、それぞれがいろいろな方と会話を楽しめる様にと進行者が誘い、皆さんがニコニコと明るい雰囲気の場となりました。
つづいて、ジングルベルの曲にのって全員でフォークダンスをし、更に打解けた所で終了時間までフリートーク。電話やメールの交換をしたりするペアーが数組あり、よきカップルの誕生を心から願ったクリスマス前のひとときでした。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.