家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |2827262524232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2014.9.14  地域清掃奉仕活動

レポート写真01

9月14日早朝6時半から、熱田神宮の東参道と古道を中心に清掃奉仕させていただきました。
明るい木漏れ日を受けながら、少し肌寒いぐらいの天候でしたが、快晴で気持ちの良い空気を浴びながら清掃させていただきました。
参加者は大人34名、子供1名でした。



2014.9.20  名古屋市だより新年度号発行

レポート写真02
画像をクリックすると   
PDFファイルが開きます  

平成27年度の「家庭倫理の会名古屋市だより」新年度号を発行しました。

富士研における生活倫理セミナー、
徳江秀雄局長による「特別おはよう倫理塾」
年度の終わりの行事としての「会員懇親会」、
明るい日差しを浴びながらの清掃活動、
新年度の「辞令交付式」の様子、など盛りだくさんです。

今年度も年4回発行の「家庭倫理の会名古屋市だより」をお楽しみに☆



2014.9.23  辞令交付式

レポート写真03 レポート写真04 レポート写真05

9月23日火曜日10時より、名古屋マリオットアソシアホテルにおいて愛知県三重県家庭倫理の会「辞令交付式」が厳かに実施されました。
最初に副参事称号の贈呈式が行われました。
次に各会ごとに高松祐子理事より
会長の辞令交付、会役員の辞令交付、各支部役員の辞令交付、支苑チーフの辞令交付が次々と行われ、最後に書道講師、短歌講師の辞令交付、選抜参事、選抜副参事の辞令交付、教育創生フォーラムin愛知の実行委員の辞令交付が行われました。

高松祐子理事から激励の言葉をいただきました。
「役は人を育てる」「辞令は一歩先に進むためのパスポートである」と言います。
この一年間役職を通して、自分がどのように変わっていくのか、どのように向上していくのか、役を頂いてよかったなと思えるような一年にしていただきたいと思います。
モラルの荒廃、なんとか歯止めをかけたい。今、倫理運動の本格的な出番がまいりました。私たちがやらなければならないことは、純粋倫理という生活法則を基盤として学習と実践を深める人々の輪を拡げていくことです。これは確実に地域を、また日本を良くすることに間違いはありません。
私たちは、足を運び、顔を会わせ、声をかけて、心をつなぐ、そして温かい倫理の心を地域の皆様方にお届けする。これが「家庭を良くする運動」ではないでしょうか。
私たちの倫理の学びは、「当たり前のことを、当たり前にできる人間になる」ために実践をしているのです。
純粋倫理の実践を通して、家庭に、地域に、職場に、三位一体の倫理の実践を体験してまいりましょう。
「今日皆様方が戴いた辞令、どうぞ額に入れていただき、少し高めの所に掲げ、日々感謝の心をこめ、辞令に挨拶をして、一日をスタートしてまいりましょう。」と話されました。

次に東日本普及開発部 松本光司主任により、
「平成27年度生涯局活動方針」の説明がされました。



2014.10.12  地域清掃奉仕活動

レポート写真06

早朝の熱田神宮はようやく朝日が昇り、すこし肌寒さもあり秋を感じました。
この日は他の行事と重なった為、いつもより少ない26名で東参道を清掃しました。
清掃後の感想発表では、男性会員が「楽しみにして来ました。心配された台風も来ず気持ちよく清掃出来ました」と発表されました。



2014.10.18   全国一斉清掃デー

レポート写真07

全国一斉清掃デーを10月18日土曜日に行いました。
金山総合駅南口に早朝6時半に集合して広場と会事務所までの道路を27名(内子ども1名)で清掃致しました。
普段から利用させて頂いている駅や道路に感謝し、掃き掃除も手早く済ませて、駅前の広場の植栽をスコップなどで掘り返し均等に植え直しました。綺麗に整備された広場の前で心もすっきり致しました。



2014.10.23  純粋倫理基礎講座

レポート写真08

教育企画部の松崎進研究員による、「純粋倫理基礎講座F」が開催されました。
今回のテーマは「気づいたらすぐに行う」です。
1.気づいたときが最高のチャンス
 この中で、「人は瞬間に生きている、その時以外に我はない。」と話され、
また「思い付きの行動」とは違う「計画的な行動」も重要です。例えば、日常において「まあいいか!をどれだけ削り落とせるか」がポイントです。
2.即行は「朝起き」から
 「朝起き」をおろそかにするとリズムが出来ません。
 「朝起き」の練習として、@目をあけるAさっと起きるB時計を見る、の順番で行うとよいと教えていただきました。
3.流れるような生活
 「そのままに行う」には、「自分の枠を取り払うこと」、「どれだけ謙虚になれるか」ということが大切だということを学ばせていただきました。



2014.10.26  事業報告会

レポート写真09

会事務所において、7時より平成26年度の事業報告会が開催されました。
最初に、平岩かおる会長より挨拶がされ、26年度は「子育てセミナー」に着実に取り組んだと紹介されました。
次に三品きよみ推進長より、行事報告がされ、
大口令子前事務長より収支報告がされました。



2014.10.29  教育創生フォーラム決起大会

レポート写真10

来年4月26日に予定している、「教育創生フォーラム」の成功を願い決起大会を開催しました。
「教育創生フォーラムin愛知」は金山の日本特殊陶業市民会館で開催され、1500名動員を目標にしています。
内、名古屋市が1200名動員する予定で、会役員と支部3役が集まって士気を高めあい、大いに盛り上がりました。
大いに飲み、食べ、気勢が上がる中、各支部がそれぞれ立ち上がり、決意を述べて、必達を誓い、意識の統一を図ることが出来ました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.