家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |232221
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2013.11.10  地域清掃奉仕活動

レポート写真01

七五三も間近の10日の早朝、まだ薄暗いどんよりとした雨の降りそうな天候の中、清掃をさせていただきました。落ち葉も結構多く、屋台が何台も並ぶ間を、一生懸命清掃させていただきました。子供3人を含め、全員で37名の参加でした。



2013.11.16  5会場合同おはよう倫理塾

レポート写真02

早朝5時半、鶴川文子専任講師を Imyビルに迎え、5会場合同の「おはよう倫理塾」を開催しました。
講師はアメリカ、ロサンゼルスで「子育てセミナー」を開いた時のことを紹介されました。
昨年初めて開催した時は3名の若い母親の参加でした。「倫理は常に前向き、過去を悔いなく大自然から頂いたお互いの「性」を大事にする。」と一人ひとりに話しかけ感銘を受けて帰られました。今年9月の第2回は多くの友達を誘って60人も来てくれました。参加者は94名でした。



2013.11.24  郷土美化奉仕活動

レポート写真03

テレビ塔北側のロスアンゼルス広場で中部善意銀行の郷土美化奉仕活動が開催され、家庭倫理の会名古屋市からも参加しました。
最初は少し肌寒く感じましたが、天気も快晴となり少し体を動かしただけで汗ばむほどでした。
落ち葉も多くあり、周りの木々は紅葉も進んで色とりどりで楽しく清掃させていただきました。
家庭倫理の会名古屋市からの参加者は14名でした。



2013.12.8  地域清掃奉仕活動

レポート写真04

早朝の6時半から、熱田神宮の東参道の清掃を行いました。
参道は一面黄色い絨毯を敷き詰めたような状態でした。
最初は薄暗く寒かったのですが、途中から空も白らづんできて比較的暖かくなってきました。
参加者は37名、内子ども2名、一般の人も1名飛び入りで参加していただきました。



2013.12.11〜14  中部善意銀行チャリティーバザー

レポート写真05

中部善意銀行主催の「第18回年末たすけあい 愛のチャリティーバザー」が12月11日〜14日、名鉄百貨店10階で行われました。善意で届けられた物品の仕分けや設置、販売に当会からボランテェアで沢山の会員が参加いたしました。初日は開店を待って大勢の客が入り大変な賑わいになり、熱気溢れて汗をかきながら接客しました。収益は福祉施設の備品購入やクリスマスプレゼント購入費になります。



2013.12.14  純粋倫理基礎講座

レポート写真06

高松祐子専任講師をお迎えして純粋倫理基礎講座が、imyビルで開催されました。
今回は、第2講「苦難を喜んで迎える」です。
苦難に対する考え方が、純粋倫理では一般の考え方と少し違います。そこで「純粋倫理の苦難観」について勉強しました。概略は次の通りです。@苦難には原因があるA苦難は生活の赤信号であるB苦難は幸福の門である(一般的な苦難観と大きく違う)C向上のために苦難があるD苦難そのものが美にして善である。
また、「苦難と向き合う姿勢」についても勉強しました。
大変ためになりました。



2013.12.20   名古屋市だより冬号発行

レポート写真07
画像をクリックすると   
PDFファイルが開きます  

「家庭倫理の会名古屋市だより」冬号を発行しました。

11月と12月の5会場合同の「おはよう倫理塾」の様子、初めての人を対象に実施された「初めての短歌教室」、子育て真っ最中のお父さんお母さんが中心で行われた「子育てセミナー」、中部善意銀行主催の行事「チャリティバザー」、「郷土美化合同奉仕活動」に参加した様子など盛り沢山です。

「家庭倫理の会名古屋市」の活動の一端を知っていただき、ご賛同いただければ幸いに思います。



2013.12.21  感謝報告会

レポート写真08

12月21日土曜日10時半、会友61名による感謝報告会がimyビルで開催されました。
創立者の丸山敏雄先生は1951年12月14日、「急ぐな、先のことを心配するな、自然に任せて処置をとれ、これでよい、喜べ」との言葉を残し、静かなご臨終を迎えられました。倫理の実践により、喜びの体験を得られた方8名に感謝報告して頂きました。
まとめを山田寿美恵選抜副参事にしていただきました。
丸山敏雄先生は体験発表をとても喜ばれました。倫理は理論でも空想でもない、実際にやってみて、確証を得たもののみ書いていますので絶対に間違いがありません。せっかく倫理にご縁をいただいたのです、また心新たに取り組みませんか!とまとめられました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.