家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |21
20191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2013.7.13  生涯局 方針説明会

レポート写真01

平成26年度の生涯局方針説明会が名古屋駅の近くのプライムセントラルタワーで開催されました。
パート1を徳江秀雄局長、パート2を和田毅教育企画部部長が担当されました。
来年度のスローガンは以下のようになります。
家庭倫理の会 行動スローガン
足を運び 顔を合わせ 声をかけて 心をつなぐ
ハツラツ動作 さわやか返事 ぬくもり拍手
真心いっぱい 家庭倫理の会
午後からは、丸山敏秋理事長の事業方針説明です。
基本方針を「内外拡充、上下一心」と定めた。と説明されました。
来年度は、大きく変化することを実感できました。



2013.7.14  地域清掃活動

レポート写真02

連日の猛暑の中、久しぶりの雨があり、
翌日の早朝6時半から、子どもたちも一緒に参加して、清々しい空気の中での清掃でした。
参加者は36名でした。



2013.7.20  一斉新世頒布

レポート写真03

5月に行われた今北喜代子専任講師による「頒布研修」を皮切りに、有償で「新世」頒布実践をする会員が増えてきました。そんな中、7月20日(土)9:30に名古屋南支部笠寺地域に集まり、7月度の「一斉頒布活動」を行いました。
連日の猛暑にも関わらず、19名の会友が集まり、まず「新世頒布の心得」をみなで唱和し、吹き出る汗も心地よく、新鮮な気持ちで、一軒一軒と声を掛け(72冊内3冊有償)真心で「新世」購読をお勧めすることが出来ました。



2013.7.27   パールセミナー(生き方教室 −孫に残すもの−)

レポート写真04

松尾千栄子専任講師をお迎えして、パールセミナーが開催され、49名の参加がありました。
孫が可愛いのは当たり前ですが、節度が大切です。
「しつけ」も大切ですが、あまりやかましく言わないこと、内緒でやることもご法度です。必ず両親に聞いてからということを守ります。
・「若夫婦をほめて労う」ことが大切です。
・自然体であっさり言いましょう。
・嫁と嫁の比較をしない。
・じいじ、ばあばは、して見せて、手本を示すのがいいです、口やかましく言わないように。
・教育は模倣から入ります。身近な人から入ります。学びは真似るです。
いろいろと、孫とか子どもたちとの付き合い方を教えていただきました。



2013.8.3   講話者研修

レポート写真05

井上茂勝参与による第3回目の講話者研修がIMYビルで開催されました。対象者は愛知県下の各会の講話者です。今回は、新世に記載されている丸山敏秋理事長の「新世言」を土台として、10分間の自分の講話資料としてまとめ、皆さんの前で講話するという実習が行われました。
9名の講話者が代表として、皆さんの前で発表します。誰が当たるか、皆戦々恐々といった中で実習が始まりました。発表の後、それぞれ、小池研究員の講評を受け、問題点の確認ができました。大変いい勉強が出来たと感謝しております。



2013.8.11  地域清掃活動

レポート写真06

朝6時半より、熱田神宮に40名(内子供2人)集まり清掃をしました。
連日の猛暑の中、神宮に入るとちょっとホッとしますが、それでも既に30度近くあります。皆、汗だくだくになって清掃しました。気持ちの良い汗でした。
清掃後頂いた冷たいお茶が本当においしかった。



2013.8.25  感謝の集い

レポート写真07

平成25年度の終わりの行事として、役員及び会員の皆様への感謝を目的とした「感謝の集い」が開催されました。
平成26年度の新役員の紹介がされ、それぞれ抱負を語っていただきました。
各支部持ち寄りで、食べ物、飲み物がいっぱい準備され、おいしい食事をいっぱい頂きました。
来年度は6支部となります。それぞれの支部から、今年度のいろいろな思い出と来年度の抱負を披露していただきました。また、それぞれの会場から余興が出され大いに気勢を上げ、楽しい「感謝の集い」となりました。
写真は清水会場の皆さんが中心になって、動揺「鬼のパンツ」を楽しいジェスチャーをつけて踊っているところです。
子どもたちも参加して、合計63名の出席でした。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.