家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |17161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2012.11.10  「男性の集い」(川附脂タ選抜参事)

レポート写真01

今年度最初の「男性の集い」が、夕方18時半から会事務所で開催されました。講師を含め、参加者は13名でした。
今回の「男性の集い」の目的は、男性会員の親睦と男性会員の掘り起しです。
食事をしながらアルコールも少し入って、口も滑らかになり、まず、参加者全員の自己紹介から入りました。
講師の入会当時からの体験を聞き、また、参加者の体験談や考えなどを話し合いながら、お互いに大いに共感し、倫理の話も交えながら盛り上がることができました。



2012.11.11  地域清掃活動

レポート写真02

七五三も間近になった、11日の早朝、熱田神宮の清掃をさせていただきました。
小春日和の気持ちのいい日で、子どもたちも参加して、

屋台の周りにある落ち葉などきれいに清掃しました。


2012.11.11  「パールセミナー」(川附脂タ選抜参事)

レポート写真03

今年度の第一回目のパールセミナーが開催されました。
パールセミナーとは、シルバーよりももっと美しくパールのように輝く高齢者(60代以上対象)のためのセミナーというネーミングです。テーマは「こころ豊かに生きる」というタイトルで、今年度3回から4回のシリーズで開催する予定です。講師を含め40名の参加でした。
心の持ち方一つで、同じものを見ても、同じものを食べても、全く違ってしまう。
家内から10年ぐらい前に夫の美点を100個書いたものをもらっている。これ一度読んで!と言って渡されました。もらった以上お返ししなといけないので、私は約10年かけて100個いいところを書きました。去年の暮に書き上げ渡すことができました。
夫婦仲を良くしていくためには夫として妻としてどういうことをすればよいか。ポイントを絞って、これは絶対に合わせていこう、と実践目標を決めることが大切です。
いい家庭を築くために、これからの人生を明るく生きていくために、@相手の美点を見ること、Aきちっとした目標を持つこと、B共通の趣味を持つこと、等を心掛けたらどうでしょうかと、まとめられました。



2012.11.25  第98回郷土美化合同奉仕活動

レポート写真04

中部善意銀行主催第98回郷土美化合同奉仕活動が11月25日に行われ、久屋大通公園を28団体約700名が清掃奉仕しました。当会からは15名が参加し、秋晴れの中いこいの広場を清掃しました。
公園内の木々は紅葉の盛りで落ち葉がたくさん積もっており、1時間ほどで15袋のごみ袋は一杯になりました。寒い朝でしたが、汗が出るほどポカポカになり終了後公園も綺麗になって良い一日のスタートが切れました。



2012.12.13  愛のチャリティーバザー(中部善意銀行主催)への参加

レポート写真05

中部善意銀行主催の
「第17回年末たすけあい 愛のチャリティーバザー」が12月12日〜15日に名鉄百貨店本店[本館]10階で開催されました。
家庭倫理の会名古屋市も販売ボランティアに参加させていただきました。例年より、少し商品は少なめでしたが、初日の12日には100万円以上の売り上げがあったそうです。
私たちは13日に延べ40名近くが参加し、お手伝いをさせていただきました。



2012.12.23  感謝報告会

レポート写真06

12月14日は丸山敏雄先生の命日ですが、没後61年になります。創始者の念願は、純粋倫理を正しく実践する人の輪が広がり、一軒でも多くの家庭、また地域、日本がよくなることを願って倫理運動をすすめられました。今日の実践報告大会は8人の会友が実践報告をされます。ここに丸山敏雄先生に感謝し、新たに普及実践の決意を固めることが、今回の感謝報告会の目的です。
出席者は全員で73名です。各支部から一人ずつ順に合計8名の方が実践報告をされました。どれもこれも倫理の実践による驚きの体験です。感動の発表でした。
最後に、山田寿美恵選抜副参事がまとめをされました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.