家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る

2011.9.1  名古屋市だより新年度号発行

レポート写真01
画像をクリックすると   
PDFファイルが開きます  

 毎年、新年度はカラーをリニューアル。見た目もカラフルに、かつ家庭倫理の会名古屋市の活動内容がより解りやすく伝えられるように文面・レイアウト構成をして参ります。このホームページでもPDFで一人でも多くの方にお読み頂ければ幸いです。今回は富士研のセミナーや専任講師による合同おはよう倫理塾・家庭倫理セミナーに加え、文化活動では吟行会を、そして地域貢献活動としては他団体との郷土美化清掃奉仕活動。また家庭倫理の会名古屋市が主催し、7年目を迎えた「あいち子ども短歌コンクール」に応募された5441首の短歌の数々の写真などが掲載されています。今年度も年4回発行の「家庭倫理の会名古屋市だより」をお楽しみに☆



2011.9.5  あいち子ども短歌コンクール最終選考会

レポート写真02




 しきなみ短歌講師7名により愛知県知事賞、愛知県教育委員会賞、名古屋市長賞、名古屋市教育委員会賞など19首の特別賞と家庭倫理の会特選48首、入選213首の合計280首が選出されました。子どもたちの素晴らしい感性を再発見する短歌コンクールでした。正式発表は10月1日(土)、各学校宛に受賞者をお知らせ致します。展示は10月18日(火)〜10月23日(日)9:30〜18:00まで、名古屋ドームに隣接したカルポート東内「名古屋市民ギャラリー矢田」にて開催。(最終日の展示は17時まで)表彰式は10月23日(日)15:00から同会場にて行われます。是非、子どもたちの素直で心温まる短歌を見にお越し下さい。



2011.9.11  地域清掃活動

レポート写真03


 当日は、熱田神宮で中秋の月を愛でながらの観月演奏会が行われる日でした。朝日を浴びながら境内の東参道と西参道を手分けして清掃しました。まだまだ秋とは言いがたい気温が続きますが、落ち葉も目立つようになり、掃いた後の参道を見るのは清々しいものです。観月会に集まられる方々が気持ちよく歩くことが出来ますように、心を込めて清掃させていただきました。



2011.9.25  全国一斉清掃

レポート写真04

 会事務所に近い金山総合駅の南口に34名が朝7時に集合し植え込みの中の草取りや広場を1時間心を込めて清掃しました。爽やかな秋風の中、気持ちよく清掃出来、すっかりきれいになった駅前を見て心も爽やかになりました。終了後は17袋のごみ袋を前に集合写真を撮り、ドリンクサービスで喉を潤しました。



2011.10.9  地域清掃奉仕活動

レポート写真05




 爽やかな秋晴れの日、熱田神宮には早朝から多くの参拝者が訪れていました。毎回、清掃を始める前には「清掃の心得」を斉唱します。
1、母なる地球の恵みに感謝し、
  仲良く喜びいっぱいに清掃します。
2、用具に感謝し、捨てられたごみに
  語りかけながら清掃します。
3、心が浄化されることを願いつつ、
  無駄口をせずに、清掃します。
丁度その時、朝日が差し込み周囲が黄金色に輝きました。昇り来る太陽から大自然のエネルギーを頂きながら、健康で清掃奉仕活動をさせて頂ける喜びをひしひしと感じました。平岩推進長は「ゴミに語りかけながら」と言う言葉を妙に感じるかも知れませんが、物や落ち葉に心を馳せて一心に清掃をしましょうと挨拶しました。落ち葉の季節にはまだ早く境内は比較的きれいでしたが、10月は大祭もあるので心を込めて綺麗に掃き清めました。



2011.10.18〜23  あいち子ども短歌コンクール入賞作品展示

レポート写真06


 第7回を迎えた「あいち子ども短歌コンクール」の特別賞19首、家庭倫理の会特選48首、入選213首のすべての作品が色とりどりの台紙に張られ、きれいに展示されました。会場には、お孫さんが受賞されたとご夫婦で見にいらした方もあり、他の短歌もご覧になりながら、子どもたちの感性に感心していらっしゃいました。展示は23日までの6日間。最終日には特別賞の表彰式が開催されます。毎年県内から大勢の受賞者やその家族が参加し、賑やかに行われます。



2011.10.23  あいち子ども短歌コンクール表彰式

レポート写真07
レポート写真08
レポート写真09
レポート写真10
レポート写真11


 第7回あいち子ども短歌コンクールの特別賞の表彰式が名古屋市民ギャラリー矢田にて開催されました。
 始めに、家庭倫理の会名古屋市の会長より挨拶があり、社会教育団体としての会の活動が紹介されました。次に地域でご活躍頂いている衆議院議員の吉田つねひこ様よりご挨拶を頂きました。
 応募総数5441首の内、小学校2291首、中学校3150首と中学生の応募が多いのがこのコンクールの特徴でもあります。思春期の子供たちの、日頃は言葉には出さない、両親や家族への思い、社会への鋭い目、そして友人への温かい心などが31字に込められ、読む側に感動を与えてくれました。今年は震災を反映して絆や励まし、また節電などに関する短歌も多く詠まれていました。入賞短歌280首全てを展示した会場には6日間で約600名が来場。表彰式には受賞者の家族も訪れ、盛大に表彰式が開催されました。
 愛知県知事賞をはじめ、愛知県教育委員会賞・名古屋市長賞・名古屋市教育委員会賞など、特別賞19首に対し表彰状を授与。続いて1首ずつ短歌が大きく映し出され選者の講評が読まれました。
 会場はなごやかな雰囲気に包まれ家族と共に受賞を喜び、記念写真を撮るなど温かい表彰式となりました。
 尚、家庭倫理の会賞特選48首、入選213首には後日、受賞短歌の入った表彰状と作品集が学校を通じて贈られました。

☆特別賞の短歌から一部を紹介します☆
♪愛知県知事賞
 声ひびくグラウンドには君がいて
            胸が高鳴る夏の青空

♪愛知県教育委員会賞
 ヒヨコがねあるくすがたはかわいいな
      おむつをつけたあかちゃんみたい

♪愛知県教育委員会賞
 登校時毎日続けたあいさつで
        無口なおじさん返事をくれた

♪名古屋市長賞
 学校の国語で作った糸電話
        はなれていても声が聞こえる

♪名古屋市長賞
 食事中テレビを消せとおじいちゃん
          家族と話せる楽しい時間

♪名古屋市教育委員会賞
 図書室はおはなしつまっておもしろい
      いろんな世界によしはいっちゃえ

♪名古屋市教育委員会賞
 帰り道家の灯りがみえてくる
          おもわず早まる私の歩調

♪東海テレビ放送賞
 げんかんのお正月かざりぼくの作
       とうきのうさぎはねているんだ

♪東海テレビ放送賞
 なにもかもうばっていった大津波
      はじめて知ったあのはかいりょく

♪中部善意銀行賞
ドンドドンぼくがたたいた大だいこ
          町にひびくよ天王まつり

♪中部善意銀行賞
 節電だ家族で一つの部屋にねる
       意外といいなキャンプみたいで




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.