家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |04030201
活動レポートのトップに戻る

2010.9.1  名古屋市だより新年度号発行

レポート写真03
画像をクリックすると   
PDFファイルが開きます  

年4回発行の会報「家庭倫理の会名古屋市だより」です。新年度号では6月の「クリーンスアースデー」に伴う清掃奉仕活動の報告や新入会員歓迎会、富士高原研修センターの受講感想、こども倫理塾などを掲載。青年学習会では青年緑化隊に参加しクブチ沙漠に植林に行った青年の体験談を掲載。また、文化活動では、しきなみ短歌会や秋津書道会の様子が紹介されています。あいち子ども短歌コンクール受賞作品では、家庭倫理の会特選に選ばれた秀作3首が紹介されています。
画面をクリックし、是非内容をお読み下さい☆



2010.9.11   地域清掃活動

レポート写真03


今月は、東門の参道を清掃しました。この日は42名が参加。まだまだ猛暑が続いていましたが、緑に囲まれた早朝の境内は心地よい風が流れ、別世界の様でした。小学生は「ぼく、朝早く起きて来たよ」と元気に答え、大人に混じって上手に竹箒で掃除してくれました。おばあちゃんに抱かれた赤ちゃんは、にこにこと愛嬌良く、子どもから元気のパワーをもらえました。丁度、東門から朝日の後光が差し、何とも言えない幻想的な空気になり、今日も神宮清掃に来れてよかったね。と声が上がりました。



2010.9.16   家庭倫理セミナー

レポート写真03


当日は42名が参加し会場はほぼ満席。「必ずよくなる“実践と体験”」をテーマに、講師の森本浩之研究員は純粋倫理の学びを体験する上での実践のあり方を実例をまじえてしっかりと話されました。



2010.9.23   あいち子ども短歌コンクール最終選考会

レポート写真03




最終選考には5人のベテランの短歌講師に加え、倫理研究所から専任の短歌講師が加わり、6名で慎重に行われました。愛知県知事賞、名古屋市長賞、名古屋市教育委員会賞をはじめとする特別賞10賞19首が選出されました。どの短歌も子どもたちの豊かな感性が表れている素晴らしいものばかりでした。正式発表は11月初旬となり、各学校に入選者を連絡致します。
表彰式は11月28日(日)15時から、名古屋市民ギャラリー矢田(カルポート東)にて開催。また、同会場にて11月23日(火)〜11月28日(日)まで受賞短歌の展示を行なっています。是非、子どもたちの素直で心温まる短歌を見にお越し下さい。



2010.10.22   家庭倫理セミナー

レポート写真03





体験報告では、ご主人が突然入院し大変心配したが、心の持ち方をおはよう倫理塾で学び勇気づけられた。すべて必要があって起きたことであり、病気もありがとうと受けることが出来た。毎日明るく生活し感謝の実践をしています。と明るく話されました。
講話は「必ずよくなる −実践力ー」をテーマに、人ために何ができるのか考えられる人になろう。人に喜ばれることで自分が幸せになり、自分が役に立っている事で生きがいを感じると実践が長続きします。実践力とは、続けることです。出来ない言い訳はせず、感謝の気持ちで実践できる事を毎日喜んでする。朗らかに喜んで進んで働く事が自分を変えることになるのですと解りやすく、終始にこやかに話されました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.