家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 会だより

会だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |57565554535251
50494847464544434241
40393837363534333231
30292827262524232221
20191817161514131211
10090807060504030201

2019.7.10 シニアの集い

レポート写真01

7月10日会事務所においてシニアの集いが開催された。出席者は19名でした。
今回は歌の合唱をすることになり、東支部の徳田やす子さんのリードで新沼憲治が作詩作曲をした「ふるさとは今もかわらず」を合唱した。詩も曲も素晴らしく最初は全員で、次はグループに分かれ何度も練習をした。詞も曲も素晴らしく今後会の行事にも歌っていきたいとのことであった。



2019.7.13 純粋倫理基礎講座Q

レポート写真02 レポート写真03

7月13日、法人会事務所に澤谷直行主任を迎え、純粋倫理基礎講座第18講「人生神劇」が開催された。出席者は68名。
浜田悦子会長挨拶の後、塚本智恵子さんと西田桂子さんが前回の第17講を受け「後始末」と「即行」を取り上げての実践報告をされた。
続いて澤谷主任が講話、「人生神劇」について説明して頂いた。(1)全一統体と人生神劇・・・現実世界のあらゆる物事は見えない次元で一つに統一されている。(2)人生は神の演劇その主役は己自身である。・・・主役といっても名優もいれば大根役者もいます。その違いは主役が神劇の演出ルールである万人幸福の栞の生活法則に基づきながら人生という劇場で演技するか否かです。(3)日本創生への道・・・「全一統体」に対する自覚が深まれば他者と仲良くし、物を大切にし、祖先を敬い万物を肯定し、万事に感謝する態度が養われていくでしょう。そうした生活法則を実践する人々が増えていけば世の中はより良く変わっていきます。17ヵ条の中で最も難解な人生神劇を分かり易く解説して頂き良い勉強になりました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.