家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 子育て支援

子育て支援


活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |1514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2017.4.30 子育てセミナー
レポート写真01

 4月30日家庭倫理の会名古屋市事務所にて、「いじめかな?と思ったら」のテーマで三浦裕子講師をお迎えし、子育てセミナーを開催しました。
出席者は講師含め4名でした。
いじめによる自殺や、非行に走る青少年に関する報道など、悲しいニュースを度々耳にすることがあります。今回のセミナーの参加者は、子供が小学校の低学年ということもあり、いじめや非行の心配はまだ先のことと捉えがちでしたが、そうではなく、幼少期の親子関係が、自分自身を大切にする強い心を育てることにとても深く結び付いてくるということを学びました。
「甘やかすこと」と「甘えさせること」との違い。「甘やかす」とは、親が過干渉や過保護になって、子供にいろいろと与え過ぎてしまうこと。一方「甘えさせる」とは、子供が親の愛情を求め、親がその気持ちを満たしてあげることであり、「甘えさせる」ことは良いこと、必要なことだと知りました。子供の「甘え」が満たされるとき、自分が愛されていることを感じ、自分の価値を知る。そして、相手に対する信頼と自己肯定感が育って、安心感につながり、人への思いやりの心が育っていくとのことでした。
子供を甘やかさないように育てようとする余り、子供が求めている親の愛情を十分に与えることが疎かになってしまってはいないか、今一度考える機会をいただくことができました。
また、普段の生活の中で、子供が「聞いて聞いて!」と言うことに対して、時間の余裕がなく、聞いてやれていない自分を振り返り、これからは、忙しくても少し手を止めて、子供の話に耳を傾けてみようと参加者一同決意を持ちました。
今回のセミナーでは、未会員や初参加の方はいませんでした。引き続き、ちらし等を新世に挟んだり、配布したりして、一人でも多くの方に参加していただけるよう、取り組んでいきます。



2017.5.21 子供倫理塾(いちご狩り)
レポート写真02

5月21日(日)愛西市内で『子供倫理塾 いちご狩り』を開催しました。当日は、晴天に恵まれ、暑い一日となりましたが、大勢の親子連れやおじいちゃん・おばあちゃんにもご参加いただきました。出席者は乳幼児10名 小学生12名 中学生1名、大人26名 計49名でした。
まず初めに、お世話になるいちご農園の中川さんに、「よろしくお願いします」と元気に挨拶をし、いちご狩りの仕方や注意事項などを聞きました。そして、待ちに待ったいちご狩りのスタート!広いハウスの中には、真っ赤に色づいたいちごがたくさん実っていて、子どもたちは暑さも忘れて、夢中でいちごを摘んでいました。そして、天地の恵みと育ててくださった中川さんに感謝しながら、甘いいちごをたくさん味わい、子どもも大人も笑顔いっぱいのひと時となりました。
いちごをたくさんいただいた後は、みんなで5アクトを斉唱。初めて参加してくれた子も、リーダーを進んで引き受けてくれ、みんなで元気に斉唱することができました。そして、全員で、いちご農家の中川さんに「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝え、最後にお土産のいちごをたくさんいただいて、みんなお腹も心も満たされ、楽しいいちご狩りとなりました。



2017.6.27 子育てセミナー
レポート写真01

 6月27日に、名古屋市東スポーツセンターにて、子育てセミナーを開催しました。テーマは、『子供の心が見えますか?子供のウソとの付き合い方』と題し、三浦裕子講師の講話を聞かせていただきました。参加者は5名でした。
なぜ、子供はウソをつくようになるのか――。講話の初めに、「叱られ続けている子は、叱られたくないという気持ちから、ウソをつくようになり、約束を破ったり、悪いことをしたりするようになる」という話を聞き、わが子をウソをつかない子供に育てるためには、親の日頃の子供への接し方が重要だということに気づかせていただくことができました。子供を叱るときには、子供がそうした理由をよく聞いてあげるようにして、責めるような叱り方や荒い言葉遣いで叱らないこと。そして、日頃から、子供の話をよく聞いて、子供の気持ちや思いをしっかりと受け止めてあげられる親になること。そうしていくことで、子供は親に対してウソをつかず、どんなことでも素直に話してくれるようになる。普段、時間の余裕を持てず、子供の話を聞き流してしまったり、一方的に説教じみたことばかり言ってしまったりしていた自分を見つめ直す良い機会となりました。また、今回は、初めて参加してくださった2名のお母さんを交えて、わが子がウソをついてしまった体験談や、普段どんな風に子供の話を聞いているかなど、ざっくばらんに話し合い、共感し合ったり、アドバイスをし合ったり、有意義なグループトークをすることができました。最後に、『親自身が、父・母それぞれの仕事や役割をしっかりと果たし、夫婦仲良く、きちんと挨拶や返事をする。そういう環境が、素直でしっかりした子供を育んでいく』というまとめの言葉を三浦講師よりいただきました。
☆参加者の声☆
『ガミガミ怒っていると子供はウソをつくということを聞いて、自分自身ガミガミ言ってしまっているところがあるなと気づきました。親としては、子供が困るからと思って言っていたけど、怒られると子供も嫌な気持ちになるので、一度、ふーっと一息入れてから、なんでダメなのか話そうと思いました。』
『親が自分の仕事をしっかりやると、子供もしっかりできるようになる。夫婦仲良く、きちんと挨拶すると、子供も良くなる。ということで、これからは、私自身、しっかり家のことをしようと思います。』




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.