家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 子育て支援

子育て支援


活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2016.10.9  子育てセミナー
レポート写真01
レポート写真02

10月9日(日)午前10時から11時30分まで名古屋市の事務所で、今期第1回の子育てセミナーを開催した。
今回のテーマは「親も子も喜ぶ褒め方しかり方」であった。三浦裕子講師より、子どもへのスキンシップや言葉かけ、子育てにおける夫婦関係の大切さに関する講話をしていただいたあと、参加者の皆さんで、グループトークを実施。それぞれに、子育ての中での悩みや経験談、アドバイスなどを、交流し合った。最後に、全員が決意表明として、「子どもにガミガミ言わないように心がける」「毎日子どもをハグする」「主人と毎日握手をする」など、これからの目標を発表し合った。出席者は10名うち未会員1名、初参加1名であった。



2016.10.30  子供倫理塾
レポート写真03
レポート写真04

 10月30日、秋晴れに恵まれ、愛西市内で子供倫理塾芋ほりが開催されました。子供達の輝く表情にパパもママもおばあちゃんもニッコリ。芋のつるを引っ張り、「うんとこしょ どっこいしょ」
 会員さんでもある中川農園の方より、「ほりたての芋は新聞にくるんでしばらくねかすと甘味が増すよ」とか、「葉の茎は筋をとって、きんぴらにして食べるとおいしいよ」と教えてもらいました。
 自然のなかで、親子・家族・倫理の仲間がつながり、楽しく学んだ芋ほり体験でした。最後に、子供倫理塾カードに消しゴムはんこを押してもらい、5アクトを元気良く斉唱して終了しました。出席者は、小学生7名、幼児7名、大人15名で合計29名でした。



2016.11.16  子育てセミナー
レポート写真05

 11月16日、名古屋市東スポーツセンターで三浦裕子講師の指導のもと子育てセミナーが開催されました。テーマは「テレビ・スマホ・ゲームとの付き合い方」。参加者は6名、子供4名、お手伝い8名でした。
 三浦講師より、ゲームやパソコンの動画を見せるとき家族で決めごとをしていますか?講師のお宅では、図書館で借りてきた本を1ページにつき1分として時間換算。そして、本を読めた時間分は、ゲームができる時間!という家族のルールを決めている。思春期などを乗り越える練習として、小さい頃から約束を守る大切さについてなどを学びました。
 その後、参加者同士のグループトークを実施。それぞれの家庭でゲーム・スマホなどをどのようにさせているか話し合いました。また、今回は初めて平日開催、場所も名古屋の東方面の会場を確保。名古屋市内2会場&日曜および平日の交互開催で、今まで参加が難しかった方々にも積極的に声掛けをしていく予定です。



2016.12.23  子供倫理塾
レポート写真06
レポート写真07

 12月23日10時より家庭倫理の会名古屋市金山事務所にて、子供倫理塾 クリスマス会が開催されました。出席者は小学生6名 乳幼児9名 保護者10名 サポート会員6名 でした。
3人の小学生をリーダーに、「5アクト」を参加者全員で斉唱をして、クリスマス会がスタートしました。
「お楽しみゲーム」では、みんなで輪になって座り、クリスマスソングを聴きながら、回ってくるペットボトルに折り紙の短冊を入れて、次のお友達へどうぞ。音楽が終わったときに、ペットボトルを持っていた子に、ちょっとした罰ゲームをしてもらい、和やかな雰囲気で楽しむことができました。
次に、「クリスマスリースカード作り」では、家から持ってきてもらった自分の写真を真ん中にはめ込んだリース型のカードを作成しました。子供たちは、リボンやかわいい型抜きパーツ、キラキラの飾りなどを、自由に選んで貼り付け、世界にひとつだけの素敵なカードが完成しました。
そして、お待ちかねの「おやつタイム&紙芝居」。みんなでケーキを食べながら、クリスマスにまつわるお話の紙芝居を聞きました。みんな夢中になって、真剣に聞いていました。
最後は、参加者全員で、「ジングルベル」と「赤鼻のトナカイ」を楽しく歌って、クリスマス会は終了しました。
あたたかい雰囲気のなか、子供も大人も一緒になって、クリスマスを楽しめる会になりました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.