家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 子育て支援

子育て支援


活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |07060504030201
活動レポートのトップに戻る
2014.10.25  子育てセミナー
レポート写真01

10月25日(土)、会事務所で今年度第1回目の「子育てセミナー」が開催されました。講師は大野ヒサ子選抜副参事で、「子供の反抗」−変わるときは成長期−のテーマで話をされました。
1.親の知らない子供の姿−非行化しやすい社会状況の実情と把握
2.反抗は大人への第一歩−自立の始まり
3.思春期の子供がスナオになるには
というテーマで話され、
例として、妊娠6ヶ月半と2歳の女の子のお母さんより、「食事の時に手についたご飯をまき散らす時に、言っても聞かないのでつい手を上げてしまう」ということに対して、「子供はお母さんの気持ちをキャッチし、もっと私の方を向いてほしいとシグナルを出しているので、抱きしめてあげると良い」という話がありました。
今回は、乳幼児期と思春期の子供を持つお母さん方が別々のテーブルで話し合い、まとめた質問を代表者が講師に質問しました。講師は、ご自分の体験談を交えながら、分かり易く質問に答えていただきました。
参加者は講師含め13名でした。



2014.12.19  孫育てセミナー
レポート写真02

川封x子選抜参事を事務所にお迎えして、「孫育てセミナー」が開催されました。
今日は雪の影響で高速道路が全面不通になっており、一般道も大渋滞でした。最初は人数が少なくどうなるかと思われましたが、最終的には講師含めて22名の参加という結果になり、関心の高さがうかがえました。一人ずつ、家庭の状況をヒアリングされ、課題は孫の好き嫌いの問題ですね、として話をされました。嫁を大事にすることが一番大事です。任せることが大切ですよと統括されました。

嫁の役は、お婆ちゃんでは間に合わない、孫育ては子育てです。子供には、言うべきことは言っておくことが必要です。と話されました。
いろいろと含蓄のある、ためになる話でした。



2014.12.21  こども倫理塾
レポート写真03

12月21日10時から事務所で「こども倫理塾」が開催されました。当初予定の30名を大幅に超え、こども19名、大人20名の大入り満員の状態です。
今回はクリスマスも近いので、リースを作りました。お母さん、お父さんも手伝って、それぞれ思い思いに、ある子は走り回り、ある子は黙々とイメージを巡らせて素晴らしい作品が出来ました。
その後は、ビンゴゲームを楽しみ、ケーキを食べて楽しい一時を過ごしました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.