家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 子育て支援

子育て支援


活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |232221
20191817161514131211
10090807060504030201
2019.7.28 愛知県・三重県子育て体験発表会
レポート写真01 レポート写真02

7月28日(日)、名古屋都市センターにおいて、『愛知県・三重県 子育て体験発表会』が開催されました。参加者は、71名。
家庭倫理の会 名古屋市・一宮市・三河・豊橋市・春日井市・三重の6会の共同開催で、それぞれの会が開催する子育てセミナーに参加して学び、実践をし、喜びの体験をした6名が、その体験を発表しました。
日々の実践の努力やより豊かな子育てをするための工夫、自分の考え方を変え、自分が変わることで困難を乗り越えた体験など、涙ながらの発表もあり、感銘を受ける素晴らしい体験報告ばかりでした。体験発表の後には、各担当講師による解説と、小林宜子専任研究員による講話で、締めくくられました。



2019.8.4 子育てセミナー
レポート写真03

8月4日(日)家庭倫理の会名古屋市の事務所にて、第6回子育てセミナー「はぐりん」を開催しました。参加者は、会員4名、未会員3名、計7名。
初めに、これまでのセミナーに参加した会員が、その後の実践の様子を報告。セミナーで、子どものありのままの姿を受け入れることの大切さを学び、子どものできないことや失敗を許してあげ、自分自身が大らかな気持ちで過ごせるように心がけると、イライラして子どもを無駄に叱ってしまうことも減り、笑顔で過ごすことができるようになってきたと報告しました。
次に、『気になる子どものスマホ・ゲーム』のテーマのもと、神谷由美子講師の講話をお聞きました。スマホやゲームの依存による弊害や、親子の信頼関係を築くことの大切さ、家庭でのルール作りや、親自身のスマホ依存を改善する必要性などを話されました。参加者は皆、メモを取りながら熱心に聞き入っていました。
その後のグループトークでは、講話を聞いた感想やそれぞれの家庭でスマホ・ゲームをするときの状況や問題点など、活発に意見交換が行われました。そして、質疑応答では、講師のアドバイスにより、それぞれが問題解決の糸口を掴むことができました。
最後に、参加者全員がセミナーの感想やそれぞれが決めた実践目標を発表しました。「親自身のスマホ依存に気づけてよかった」「子どもといるときには、スマホに触らないようにしたい」「子どもに要求するのではなく、自分自身の行動を変えてみたい」などの声が聞かれました。



2019.8.4 子供倫理塾
レポート写真04

8月4日(日)、家庭倫理の会名古屋市事務所において子供倫理塾で、将棋教室を開催しました。同時に2階では、子育てセミナーが開催されていました。出席者は小学生4人、幼児3人でした。
講師は会員の今枝 満4段。応援スタッフのシニア会員のおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に楽しく、将棋のコマの並べ方から習いました。
将棋がよくわかっている子は、分からない子や、スタッフに教えたりして、いつもとは違い、真剣に将棋の駒に触れ、楽しむ時間となりました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.