家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 支部だより

支部だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |191817161514131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2015.1.26  おはよう倫理塾(喜惣治会場)
レポート写真01

山内京子講師が喜惣治会場に入られ、お話を聞きました。
最初に実践報告として、2名報告され、それぞれに講評を頂きました。
1名は新世普及活動についてです。新しい会場設立に伴い、昨年6月9日より「新世」1000冊を目標に配布中との報告をされました。それに対し講師は配布に出掛ける前に両親に挨拶すること。チャイムを押す前に笑顔を忘れないこと等を話されました。
次に、自宅マンションの落成に伴い駐車場などのごみの清掃に心掛けているとの報告に対しては、人間は成長していくので素直が大切です。親子でおはよう倫理塾に参加することは親孝行(徳積みとして良い事)ですと説明されました。
朝のさわやかな空気の中で全員一生懸命朝貢しました。参加者は講師含め17名でした。



2015.3.8  おはよう倫理塾(御器所会場)
レポート写真02

鶴川文子講師が御器所会場に入られ、お話を聞きました。
講師のお母さんの話をされました。お母さんと学校の先生との会話です。母が小学校3年生の時、先生から「武士の情けの『情け』とは何か」と聞かれました、母だけが手を挙げ「思いやりの事」だと答えました。誰から聞いたかと聞かれ「父ちゃん」からだと答えました。そして、「お前は将来何になりたいんだ」と聞かれ、「学校の先生」だと答えました。
そしたら先生は「お前ならなれるよ!」と言われました。母は発奮して、茨城県で初めて女性の校長先生になりました。「お前ならなれるよ!」と言う言葉を信じることが出来たのです。
理事長より「倫理は何のために学ぶのか」について教えてもらいました。「人格の向上」、それは「言葉」「表情」「態度」から人格が見えてきます。この3つを大切にしなさい。と教わり、本当に納得しました。私は理事長の「(ご苦労は)分かっていますよ!」を信じてやってきました。
私達は「信じる力」を養うために毎日通っているのです。
今日の出席者は19名でした。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.