家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 支部だより

支部だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |14131211
10090807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2012.12.18  おはよう倫理塾(ごきそ会場)
レポート写真01

和田毅研究員が「ごきそ会場」に入られました。
今日は栞14条の勉強です。「折箱屋さん」の話をされました。商売は順調なのですが、2つの悩みがあります。@息子が後を継いでくれない。A長男と夫との仲が悪く、取っ組み合いのけんかをする。そこで奥様は生活倫理相談を受けました。息子と自分がそっくりであることを知り、「ハイ」の実践に取り組むことになりました。途中挫折しそうにもなりましたが、交通事故を起こすという夫の大ピンチにも、ハイと受け止め、夫に合わせた結果、おとがめなしとなり、さらに、息子が家を継ぐ決心をするということになりました。
「自分がどういう人間になったらよいか、目標をしっかり持って取り組むことが大切だ」と締めくくられました。



2012.12.22  倫理セミナー(北支部)
レポート写真02

北支部主催の倫理セミナーが健康ドームで開催されました。山田寿美恵選抜副参事のお話で、テーマは「お金は妥協を好まない」です。
最初に、「お金に好かれるとは、お金の本質を知ることである」と話され、お金の本質について、3つ上げられました。@大切にされれば喜ぶA妥協を好まないB流通する、です。
お金の出し入れは、出るが先です。人を苦しめるお金は自分を苦しめます。苦しい時ほど@お金を生かしA家族仲良くB物を大切に扱う、事が大切です。
物は生きているから、謙虚な心がないと仕返しが来ます。外面は明るく、内面は感謝の気持ちで、謙虚な心で行動しましょう。
とても勉強になりました。多くのご参加、有難うございました。



2013.1.7  おはよう倫理塾(清水会場)
レポート写真03

清水会場に小川太郎管区長が入られました。
参加者は子ども4名を含み40名です。
今日は、栞第1条日々好日の勉強です。
「一日は今の一秒の集積である」「成功の秘訣は即行即止(気付くと同時に行う)、健康の秘宝である」を丁寧に解説していただきました。そして、健康についての生活倫理相談について話されました。その原因の大半は@食べ過ぎA寝過ぎB楽しすぎの3つであると指摘されました。
とにかく、栞を何度も何度も読み込んで、奥の奥を読んでほしいと結ばれました。



2013.1.20  おはよう倫理塾(笠寺会場)
レポート写真04

笠寺会場に今北喜代子専任講師が入られました。
自分の名前の由来について話されました。
喜代子という名前は、お父さんが戦争から無事帰られて、生きている喜び、感謝からつけられたとのことでした。お子さん2人も、「いい名前だね!」と言ってくれるそうです。
親が喜べば子も孫も喜んで生活できること、また、自分の顔は人のためにあると教えていただきました。「顔は自分では見れない、だから人のために笑顔で行きましょう」と締めくくられました。
参加者は19名でした。



2013.1.20  おはよう倫理塾(中島会場)
レポート写真02

中島会場に小川太郎管区長が入られました。
私たちは「いつ、何処で、誰が行っても常に正しい、皆幸福になれる」という倫理を一人でも多くの方にお伝えしたい。そして、幸せになっていただきたいと心から願っていますが、なかなかお誘いできない現実があります。
「倫理をお誘いする“絶好のチャンス”が訪れた」「一人が一人をお誘いしよう」を合言葉に一生懸命声かけに励むことを誓い合いました。
小川管区長の本を忘れず、初心を忘れず、気付いたことはすぐ行う、即行即止のお話は、私たちの実践意欲を高め、会場はプラスの波動に一変しました。
みんなニコニコ、初めて参加してくださった方々も満ち足りた笑顔にあふれていました。 出席者は40名ぴったり、寒さもどこへやら、最良の一日のスタートでした。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.