家庭倫理の会 名古屋市


HOME >> 支部だより

支部だより



活 動 レ ポ ー ト
活動レポートバックナンバー |0807060504030201
活動レポートのトップに戻る
2011.5.17  昭和支部家庭倫理セミナー
レポート写真01



 日本だけでなく、世界で話題となり問題となっている東日本大震災と原発。それに伴う様々な問題。私たちに何を教えられているのでしょうか?考えさせられることが沢山ありますが、地球や大自然に改めて感謝を深めたいものです。また、現実を学び将来に備えることも必要。そして日々の心がけや直感力も大切であると学びました。日頃はおはよう倫理塾に通えない会員6名も参加され、有意義な倫理セミナーでした。



2011.5.23  北支部家庭倫理セミナー
レポート写真02

テーマ:「ゆるせる心」
 講師は“ゆるせない心はいつも暗く、ゆるす心はあらゆる幸せにつながります”と話されました。「愛和」はあらゆる幸せにつながる素晴らしい言葉です。そして「どんな事でも許せる、大きな自分でありたい。そうあろうとする向上心が自らにあるかないかです」と穏やかに優しく、しかし、はっきりと語られました。「聞き流せる自分になろう」と思いました。反省することの多い、心に響く素晴らしいセミナーでした。



2011.6.13  中川・みなと支部合同家庭倫理セミナー
レポート写真03



 健康であることが一番だが、死する時を考え常に身辺整理をしておくことが大切。欧米では“トンネル”日本では“三途の川”と言うが、この世からあの世に行き肉体は滅んでも霊魂は残る。ゆえに、死と生はひとつながり。いずれ来る死を恐れ嫌うことなく、死を迎えられるように。そして心の豊かさを追い求めるために倫理を学ぶのです。「どう生きたか」が大事で人間として生まれて来たからには、愛や奉仕の精神、常に人の幸せのためにと心がけ実践して成長して行く事が大切ですと事例をあげながら解りやすく話して下さいました。



2011.6.21  昭和支部家庭倫理セミナー
レポート写真04




 テーマ「もしも病気になった時
        −心と体はつながっている−」
 私達人間は、「身体・心・いのち」の三つでできている。そうしてこの三つは、目には見えない部分でつながり合いその間には厳然たる心の生活法則があります。だからせっかくなった病気を、ただ医学的療法だけで治してはもったいないと、純粋倫理では学んでいます。もしも病気になった時、次のことを見つめてみてください。
@起きて来る事に、縁ある人に合わせ、
 一致させる生活
Aいいことも悪いこともすべてを受けいれる生活
B我ままを捨てきる生活
C明朗な感謝生活
(夫婦・親・祖先とのつながり大切に)
ここから気づき着実に実践すれば、必ずよい結果が出ます。「全ては大自然の計らい全て受け入れよう!と、決意した時思わぬ大きな力をいただいた」と講師の体験談があった。



2011.6.22  西準支部倫理の集い
レポート写真05

 今回は座談形式で開催。参加者の話を受け、講師から色々なアドバイスがありました。倫理は自分が実践しなければ何年勉強しても結果が出ないこと、また“無になって実践した時結果が出る”と話されました。その実践の第一歩が「朝起き」であり、まずは命のもとである「親・先祖につながる感謝の生活をする」こと「背筋をしゃんと伸ばした生活をすること」。また、「起こってきた事を他のせいにしない」とのアドバイスには深く感銘を受けました。そして、感謝は心で思っているだけではなく言葉に出して伝えてこそ相手に100%伝わるとの話に現在抱えている悩みの解決を見つけた参加者もありました。初めて参加された方は「まさに目からうろこが落ちた感じでとても勉強になった。また機会があったら是非参加したい」と感想を述べられました。



2011.6.26  東支部主催「倫理塾」
レポート写真06

 テーマ「我がままと現代病」
 東区にある“文化のみち 二葉館(貞奴邸内)”にて山田寿美恵生活倫理相談士を講師に開催。
うつ病、ノイローゼ等慢性的に心を病む人が増えていますがこれらは自分との戦い。弱い心の背景には豊かな暮らしがあります。何でも欲しい物はすぐ手に入り、我慢しなくても良いので忍耐力が養われず自分の思い通りにならないとストレスが溜まる、自己中心的な人が多くなっているのです。ストレスから逃げない特効薬は「温かい家庭の愛情料理」です。仲良くするところに全て(健康、経済等)が生まれ、争いのあるところに全てが壊れる。不足・不満は万病のもとです。感謝と褒めることに心を向けましょう。と話され、不整脈の人が親につながりきちんと挨拶をすることにより治った体験を話されました。参加者は18名でした。山田講師の話は、いつもポイントを押さえて話して下さるので、大変わかり易く皆熱心に聞き入っていました。



2011.6.26  昭和・中支部合同親睦会
レポート写真07



 今回は他と行事が重なったため、20名といつもより少し参加者は少なかったのですが、新入会員の方がギター演奏して下さり、懐かしの青春時代の歌を歌ったり、短歌の朗詠や会場周辺の歴史を語るなど楽しいだけでなく、勉強になる罰ゲームをしたりして、とても盛り上がりました。最近では、4人の男性新入会員者がありいろいろな分野のお話が聞け賑やかな会場になってきました。




Copyright (C) Nagoya Institute og Ethics. All right reserved.